プロ並みのビデオで思い出を美しく!

>

ホームビデオをワンランク上の仕上がりにしよう

カメラの持ち方から変えよう!

ビデオを見ていて残念だな、と思うことは、やはり手ブレではないでしょうか。
ブレブレの映像は何が映っているのか分からない上に、見ていてあまり気持ちが良いものではありませんよね。

まずは、ビデオカメラをしっかり安定させることが第一歩です。
三脚があればもちろん良いのですが、いつでもどこでも持ち歩けるわけではないですよね。
ですから、撮影をするときは脇をきゅっと締めて、両手でカメラを安定させましょう。
これだけでもブレは大幅に減ります。

また、カメラをあちこちに動かさずに、固定して撮影してみましょう。
人間の目と同じと考えてはいけません。
カメラはあくまでも固定して、被写体をしっかりととらえることから始めましょう。

撮影するときの目線にも注意!

ありがちなのは、被写体を上から見ていたり、遠いところからズームを使って横から見ていたりといった撮影方法ですが、これらのままではプロっぽいビデオには近づきません。

まずは、きちんと被写体の目線で撮影することを意識しましょう。
子供を撮影したいのであれば、しゃがんで話しかけるようなつもりでカメラの目線を子供の目線に合わせてみましょう。
ペットの場合も同様です。
ペットの目線の、臨場感のある映像が撮れるかもしれません。

また、意外と注意できていないのが逆光です。
太陽を背にするように撮影しないと、せっかくの被写体が真っ黒に見えてしまいもったいないですよね。
太陽の位置にも気を付けられるとより良いです。

望遠のズームは、実は画像が荒くなってしまうことも。
ズームを使うならぜひ広角の方にしてみましょう。


この記事をシェアする
B!