プロ並みのビデオで思い出を美しく!

>

上手に撮影するには?

ズームを上手く使いこなそう

カメラのフレームには収まらないような、大きな風景を撮影したいときは、カメラをどう動かすか迷ってしまうことはよくあることかと思います。
あらかじめどの範囲までを撮影するか、中でも一番の見せ場はどこかを考えながらカメラを動かさなくてはなりません。
そこで試したいテクニックが、撮影を始める位置と、最後の位置で、5秒ほどカメラを止めるというもの。
強調できる上に、普通のビデオよりワンランク上手に見えます。
カメラをできるだけ滑らかに動かすことも重要です。

ズームインやズームアウトにおいても、上記のテクニックが使えます。
全体からゆっくりズームインすると、ズームインした対象と全体が繋がって見えるので、絵としては分かりやすくなります。
反対のズームアウトはあまり多用するとせわしない印象になるので、使いどころを選びましょう。

様々な位置やアングルで撮ってみよう

目線の高さで撮影するのが基本、とお話しました。
ビデオカメラでの撮影に慣れてきたら、ぜひ様々なアングルや位置で撮影してみましょう。
目線の高さというルールを破っていいの?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
では、ずっと目線の高さに合わせ続けた映像を見ていてどう感じるでしょうか?
段々飽きてしまうのではないでしょうか。
それは、真正面から撮ろうとするとどうしてものっぺりとした平面になってしまうからなのです。

これを回避するためにも、様々なアングルを試してみましょう。
被写体の下から撮れば、威圧的で大きく見えますし、上から撮ればかわいらしさを演出することもできます。
位置も、真正面ではなく斜めから、後ろから、など、色んな位置を試してみると、意外と良いポジションを見つけられるかも。
多用しすぎるとごちゃごちゃしますが、効果的に使えば被写体が映える素敵なホームビデオになります。


この記事をシェアする
B!